葉酸は妊婦にどのような効果をもたらすの?摂取しなければいけない理由とは

妊娠期間中をずっと支えてくれる成分として話題を集めている葉酸。

しかし妊娠中に葉酸を摂取すればどのような効果があるのかというのはまだあまり詳しく知らない方もいると思います。

そこで今回は、妊婦さんへ葉酸の必要性についてお伝えしていきますね。

葉酸でどんな効果が得られるのか気になっている妊婦さんは必見です!

そもそも葉酸って?

それではまず、葉酸とはどんなものなのかここでご説明していきます。

葉酸のことを知ることで、妊娠中に良いとされている理由が少しずつ分かってくるはずですよ。

葉酸はビタミンB群の一種

葉酸とは、1941年に野菜のホウレンソウから発見されたビタミンB群の一種です。

また、別名ビタミンB9とも呼ばれていて、ホウレンソウ以外にもイチゴやブロッコリーなどに多く含まれています。

そんな葉酸は水に溶けやすい水溶性ビタミンで、熱にも弱いことから調理をすると葉酸が減少してしまいます。

そのため食事からそのまま葉酸を摂取するのは難しく、食べた物から摂取できるのはわずかなものとなってしまうのです。

では、その葉酸にはどのような効果があるのか以下でご紹介していきますね。

体内の血液を増やす働きがある

葉酸は血液に必要な赤血球を生成するために欠かせない成分で、造血ビタミンと呼ばれています。

そして赤血球の生成を正常に維持できることから、血液を増やすことに役立ってくれます。

血液が不足すると貧血になりやすくなってしまうので、そうしたことを考えても葉酸は健康のために働いてくれているというわけですね。

細胞やDNAに必要な成分

また、葉酸の効果は造血作用だけではありません。

その他にも細胞やDNAに深く関わっていて、細胞分裂やDNAの合成を手助けする働きがあります。

ですからその働きが妊娠中の赤ちゃんにも役立ち、正常に育っていきやすくすることができるのです。

これを見ると、葉酸が妊娠中に必要な成分だということが分かりますね。

妊婦さんに葉酸は必要?一体どんな効果があるの?

ここからは本題の妊婦さんが葉酸を摂取すればどんな効果を得られるのかという点についてお話していきます。

どのような効果があるのか気になっている妊婦さんはぜひご覧ください。

妊娠初期に起きやすい先天性障害のリスクを低減できる

妊娠初期に葉酸を摂取すると得られる効果には、先天性障害のリスクを低減できるところがあります。

先天性障害とは主に、神経管閉鎖障害のことを指し、無脳症や二分脊椎、または髄膜瘤などのことを言います。

そしてこれらの中でも特に危険な障害である無脳症は赤ちゃんの脳がきちんと発達しきれない障害で、最悪の場合流産や死産となってしまいます。

近い将来、大事な我が子の出産を控えているという時に、流産や死産などと言った最悪の事態を考えたくはないですよね。

しかし葉酸を摂取していればそのような先天性障害のリスクが減り、元気な赤ちゃんを産める可能性を高めることができますよ。

妊娠中のつわりを軽減できる

葉酸は妊娠初期の先天性障害リスクを減らすだけでなく、妊娠中に悩みやすいつわりにも効果があると言われています。

つわりの原因には

  • ホルモンバランスの変化によるもの
  • 赤ちゃんを異物とみなして拒否反応を起こしている
  • 精神的ストレスから起こる自律神経の乱れ

このようなことがよく挙げられていますが、葉酸はこれらのうち自律神経を整えることに効果があります。

葉酸がお母さんの脳に働きかけ、体をリラックスした状態にする効果が期待できるからです。

妊娠中の不安な気持ちを落ち着けるためにも葉酸は活躍してくれそうですね。

妊娠中期から後期にかけての貧血を予防することができる

妊娠中期から後期にかけては赤ちゃんへたくさんの栄養を運ぶために、大量の血液を消費しなければいけません。

そのせいで妊娠中はお母さんが貧血を起こしやすくなってしまうのです。

しかし前項でもご説明したように、造血作用がある葉酸はそのような貧血を予防することができますよ。

このように貧血の症状を和らげるためにも、葉酸の摂取は必要なのです。

妊婦さん以外が葉酸を摂取すると得られる効果とは

これまで妊娠中に葉酸を摂取した場合の効果をお伝えしてきましたが、葉酸は妊婦さん以外にも効果を発揮してくれます。

それはどのような効果なのかというのは以下で詳しくご説明していきますね。

妊活にも効果がある葉酸

まずは妊活中に葉酸を摂取した時の効果からご紹介していきます。

細胞分裂を促進する働きがある葉酸を摂取すると、女性の体内にある子宮の環境が整いやすくなります。

妊娠が成立しづらくなってしまう理由には、受精卵が着床するための子宮内膜が薄くなっていることや、受精卵自体が上手く成長できていないことが挙げられているのをご存知ですか?

そうしたことが原因で、不妊につながりやすくなってしまうのです。

ですが葉酸を摂取すれば、子宮内膜を厚くしたり、受精卵の細胞分裂を正常に行っていくことができますよ。

このようなことから葉酸は妊活にも効果があると言われているのです。

産後に葉酸を摂取しても嬉しい効果はたくさんある

産後に葉酸を摂取するメリットもたくさんあります。

出産を済ませた後のお母さんは心身ともに疲れ果ててしまいやすいもの。

それが原因で、体調が悪くなってしまうことも多いと思います。

そんな産後の状態で葉酸を摂取すると、

  • 出産をして疲れた体の回復をはやめる
  • 母乳の出が良くなる
  • 産後うつの症状を緩和できる
  • 産後の抜け毛を防止できる

これらの効果を得ることができますよ。

どれも産後のお母さんにとっては嬉しい効果ですよね。

ですから妊娠中だけでなく、出産が済んだ後でも葉酸の摂取を心がけてみてくださいね。

まとめ

妊婦さんが葉酸を摂取する利点はたくさんあることが分かりました。

また、妊娠中以外にも、妊活中や産後までずっと葉酸はお母さんの体を支えるために効果を発揮してくれますよ。

妊娠中の葉酸摂取にはどんな効果があるのか気になっていた方も、葉酸を摂取して健康で元気な赤ちゃんを出産してしまいましょう。

妊娠に気づくきっかけとは?

妊娠判明の瞬間、赤ちゃんを望む人にとってこれほど嬉しい瞬間がほかにあるのでしょうか?もしもあるとするなら、それは出産の時?あるいは赤ちゃんが1歳のお誕生日を迎える日なのでしょうか?

 

妊娠を知った先輩ママ達は、どんなきっかけで妊娠の可能性を感じ、この「妊娠判明」の瞬間を迎えたのでしょう。これからママになる人にとっては、是非知りたい事ですよね。

 

今回は、その感動的な瞬間に気づけるよう、「妊娠かも」のきっかけとなるカラダの変化についてお知らせしたいと思います。

 

【妊娠かも?そのきっかけとは?】

《つわりが始まります》

やはり妊娠の兆候として代表的なのがこのつわりです。一般的なつわりの症状は「吐き気やおう吐」と考えられていますが、実際のつわりの症状はこれ以外にもたくさんあるのです。

 

もちろん、数あるつわりの症状のすべてがカラダに現れるわけではありませんので、そこは悩ましいところです。

 

しかし、殆どの場合、これからご紹介するつわりの症状のいくつかが兆候として表れます。これらに思い当たるようでしたら、妊娠の可能性を考えてみてください。そうして、いち早くお腹の赤ちゃんの存在に気づいてあげてくださいね。

 

(つわりの症状/吐き気・嘔吐)

先ずは代表的な症状から。食あたりや胃腸、あるいは風邪などではなさそうなのに、吐き気やおう吐がある場合。

 

この見極めですが、食あたりの場合、吐き気やおう吐に加えて、発熱・下痢などを伴なう事が多く、また、風邪の場合には、発熱・下痢・咳など、吐き気やおう吐以外での風邪特有の症状を同時に発症する事があります。

 

これに対してつわりの場合、吐き気やおう吐が突然襲ってくる事が多いのです。食事の匂いや部屋の空調の変化、あるいは刺激的・不快に感じる物を見てしまったなど、何らかの刺激が吐き気やおう吐のきっかけになる事が多く、普段なら平気な事で発症するという特徴があげられます。また、その症状が長く続くのもつわりの特徴です。

 

同じ吐き気やおう吐であっても、こういったきっかけとなる出来事、症状の頻度や長さなどで見分けてみてください。

 

(つわりの症状/5感が過敏になる)

人間の基本的な感覚器官の5感である視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚のすべてが過敏になります。

 

それまで好きだった食べ物の味・普段使っているお化粧品の香りなどが突然不快に感じ、うけつけられなくなるといった変化が現われます。また、音・目に入るもの・ちょっとした肌への刺激など、すべてに過敏に反応するようになります。

 

(つわりの症状/情緒不安定)

普段何気なく聞いていた音楽なのに、急に涙腺が緩んでしまう・ちょっとした事でイライラする・突然悲しい気持ちに襲われる・不安感が続くなど、情緒が不安定になります。

 

(つわりの症状/頻尿・下痢・便秘)

普段と変わらず飲食をしているのに、トイレの回数が増えた。お腹を壊す物など食べていないのに下痢をしている。便秘したことないのに急に便秘になった、あるいは普段の便秘が悪化するなどの状態になる事があります。

 

(つわりの症状/オリモノの変化)

オリモノの色やにおいが変わった、量が増えたなどの変化が生じている。特に妊娠初期に多いのが、茶色いオリモノです。

 

(つわりの症状/腰痛)

突然、骨盤回りを中心とした腰痛に襲われて、なかなか治らない等の状態を発症します。

 

(つわりの症状/片頭痛)

ズキズキする、痛みの強い頭痛が続く、あるいは頭痛に加えて、吐き気やおう吐が起きる事もあります。

つわりの症状緩和のために

つわりの症状の緩和のためには、しっかりと栄養を摂取することが大切。

しかし食事だけで栄養を摂取するのは難しく、栄養補助食品を用いて摂取することも大切です。

オススメのサプリメントであるベルタ葉酸サプリの情報が下記サイトにまとめてありますので、参考にしてください。

おすすめ葉酸サプリ3選!妊活中・妊娠中・授乳中に使うべき商品はコレ!

《基礎体温をつけましょう》

妊娠すると、低温期と高温期の間に極端な変化が現れる、高温期が3週間程度続くなどの明らかな変化が現われます。とはいえ、人間の体温変化はせいぜい1℃程度の差ですので、一般的な体温計では正しい基礎体温の計測はできません。少し高額にはなりますが、専用の基礎体温計で計測し、その変化を記録しておきましょう。

 

また、最近では、スマホアプリと連動している基礎体温計もあり、これを利用すれば自動で記録してくれるので、とても便利です。こういった便利なアイテムを活用するのも良い方法ですね。

 

《妊娠の初期症状は風邪に似ています》

妊娠の初期に現れる症状は、風邪の初期症状と非常によく似ています。例えばカラダがだるくなる・熱っぽい・異常な眠気に襲われるなど。これが風邪ならば、通常なら数日で治まりますが、妊娠している場合にはこの状態が長く続きます。

 

《体つきが変化します》

乳房の張りや痛み・乳首の色や大きさが普段とは明らかに変化する・腹部の肉付きが良くなったなどの違いがカラダに現われます。また、肌の乾燥やかゆみが現われる場合もあります。

 

《生理以外で出血する事があります》

通常の生理の時とは明らかに異なるタイプの出血をすることがあります。

 

具体的には、出血はったもののすぐに出血が治まる。普段とは出血の状態が明らかに違うなど。

 

【まとめ】

妊娠には、必ず兆候があるのです。それは、受精によってお腹に赤ちゃんを宿したママのカラダが、その赤ちゃんを育てる準備を始めた証拠でもあるからなのです。

 

この変化には個人差があり、また生理前症候群など、普段の体調の変化などと似通っているために見分けが難しい場合もあります。

 

見分けるためには、普段から自分のカラダをしっかりと観察しておけば、妊娠の変化にいち早く気付くことが可能となるかもしれません。一日も早く、お腹の赤ちゃんの存在に気づいてあげられるように、準備しておきましょう。